美白化粧品でのスキンケア以外にも、ケアのやり方があります。食事でケアをすることで、より美白近づくことが期待できます。肌の白さを高めるには、ビタミンCなどの栄養素が効果があるといいます。肌を白くするために、ビタミンC誘導体が入っているスキンケア用品を使う人は多いですが、ビタミンC誘導体は皮膚のくすみの原因になるメラニンの生成を抑制し、現在できているメラニン色素の排出を促進する作用があるといいます。美白ケアは、ビタミンCの多い食材を食べることも意味があります。お肌にあるシミを目立たなくするために、抗酸化作用の高いビタミンC等を補給するといいでしょう。緑黄色野菜や、果物類を多めに食べることで、ビタミンCの摂取量を増やし、美白効果を得ることができるといいます。ビタミンCは水に弱いので、食品を長時間水に浸けないようにしなければなりません。体内に使い切れないほどのビタミンCを摂取しても、汗や尿になって体の外に出ていってしまうので要注意です。もし、美白効果を期待してビタミンCを摂取するなら、一日2グラムは体内に取り入れるようにしましょう。最近は、食事で補給しきれないビタミンCについては、サプリメントの形で摂取するというやり方も存在します。ビタミンCのサプリメントは色々なものがありますが、中には添加物が多い安物もありますので、商品選びは重要です。
早漏の対策